ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピーとは、日本語に訳すと「催眠療法」となります。

 

催眠によって、心の病を癒したり、ペインコントロール(無痛状態にすること)したりすることができるのです。

 

しかし、ヒプノセラピーは病気治療だけでなく、夢や願望を叶えることにも役立ちますので、必ずしも「療法」と訳すのは間違っていると私は考えています。

 

さらに、ヒプノセラピーは、日本では、医師免許を持っていない者が施術します。

 

「療法」とか「治療」という言葉を使うのは、医療行為のような誤解を招きますので、私はあまり使いたくないのですが、「セラピー」は「療法」と訳すしかありません。

 

ですから、申し訳ございませんが、「療法」という言葉を使わせてください。

 

とはいえ、1958年に米国医師会が医療としての催眠を承認しました。米国では、正式な療法なのです。このとき以来、米国で安定した発展を遂げていきました。

 

 

◆英国のキャサリン妃が出産するときに「ヒプノバーシング」を行ったことは有名です。つまり「催眠出産」。ハリウッド女優やセレブの間で人気を集め、欧米ではかなり浸透しています。ヒプノセラピーを使って、お母さんをリラックス状態に導き出産します。

 

心が安らかだと出産時の骨盤への負担も軽減されるのです。アメリカ人のヒプノセラピストであるマリー・F・モンガン氏が開発したもので、1990年に初めてこの出産法で赤ちゃんが誕生しました。

 

◆ロサンジェルスのホルムズ博士は、禁煙をヒプノセラピーで達成するプログラムを開発しました。その禁煙セラピーは、99%の驚異の成功率を収めています。ホルムズ博士は、ハリウッドスターご用達のヒプノセラピストで、禁煙セラピーの第一人者です。

禁煙となると、意志の力だけではどうにもなりません。タバコを辞めたいけど、辞められないという葛藤に苦しんでいる人も多いと思います。そんな人たちがヒプノセラピーで弱い自分を克服しているのです。

 

 

◆ゴルフのタイガーウッズは、10代のときから専属のヒプノセラピストをつけ、

大会で最高のパフォーマンスを出せるようカウンセリングを受けていました。

ウッズはプロデビューからわずか10戦までに4回優勝し、賞金は1憶円を突破したのです。

 

 

ウッズの夢を引き寄せるときに、ヒプノセラピーが絶大な効果を発揮しました。

 

海外では、すでにヒプノセラピーは認められて評価されています。心の病を乗り越えた人も、成功を手にした人も、ヒプノセラピーの恩恵を受けているのです。

 

しかし、残念ながら、日本では、まだまだ正しく認識している人たちは少ないようです。

 

ヒプノセラピーといえば、すぐに『前世療法』を思い浮かべる人もいます。テレビ番組や新聞雑誌などで、興味本位に「前世」という言葉が取りざたされて、ヒプノセラピーが嘲笑の的になってしまうこともあるようです。

 

 

 

 

(文・高橋フミアキ)

作家&ヒプノセラピストの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、小説の書き方や、
文章のことだけでなく、ヒプノセラピーで夢や目標を叶える方法を解説します。
作家になりたい人も、文章で身を立てたい人も、
起業して経済自由人になりたい人も、
もっと会社を大きくしたい経営者も、とにかく夢や目標を叶えたいと言う人は、
ぜひとも読者会員になってくださいな。

メルマガ購読・解除