あなたのなかの心のブレーキ

あなたが夢に向かって進もうと決意したとします。

 

ところが、

その夢の前にはさまざまな障害がやってきます。

 

たとえば、

あなたが主婦だったら、

ご主人が障害になるかもしれません。

 

「夢なんかどうせ叶いっこないんだから、

痛い目を見るまえにやめとけ」

 

と言って反対するかもしれません。

 

子どもたちも、

「ママはずっと家にいてよ~」とか

 

「ママ、お腹すいた。ママの夢の話はあとで聞くから、

早く食事のしたくして!」

 

とあなたを縛りつけるかもしれません。

 

しかし、どんな障害があっても、

夢に向かって行動する人たちがいます。

 

そうなんです。

 

最大の障害は、ご主人でもなければ、子どもたちでもないのです。

 

誰人も、

あなたが夢に向かって行動する自由を奪うことはできません。

 

あなたは自由です。

 

誰にも邪魔はできないのです。

 

しかし、ただ1人、あなたの自由を奪う人がいます。

 

それは、あなた自身です。

 

あなたが夢に向かって行動しようとするとき、

あなた自身が

 

「やっぱり辞めておこうかなぁ~」

 

と思って、自分でブレーキを踏むのです。

 

いわゆる、

心のブレーキです。

 

この心のブレーキは巧妙にあなた自身を納得させてしまいます。

 

「やっぱり、夢よりも家族が大事。

私は家族が幸せだったらそれでいいの」

 

とか

 

「子どもと一緒に過ごす時間が私の生きがい。

夢なんかよりも大事なの」

 

などと、

自分に言い聞かせて夢をあきらめてしまいます。

 

すべて心のブレーキです。

 

この心のブレーキを外すための
そのカギを握っているのが
インナーチャイルドです。

インナーチャイルドとは「内なる子ども」と訳されています。
広い意味ではあなた自身の受胎の瞬間から成人するまでの
潜在意識のことです。

 

ほとんどの人が、

さまざまな体験を通りして深く傷ついています、


人はまったく傷つかずに成長することはできないのです。

インナーチャイルド
”あなたの幼少期の傷ついた潜在意識”と言えます。

このインナーチャイルドはあなたの日常生活や仕事、
恋愛関係、家族関係、お金との関係などなど、
人生全般にさまざまな影響により、
本来持っている個性が閉ざされネガティブな
感情を感じやすくなります。

あなたの幼少期の傷ついた体験が、

大人になった現在のあなたを
大きく支配しているのです。

例えば子ども時代に、

何らかの理由で

「母親に裏切られて傷ついた」
という思いを抱えてしまった場合、
「自分の大切な人に、本当の気持ちを言ってはいけない」
「もし言ってしまったら裏切られて傷つくから」と
考えてしまい、
恋人やパートナーに対しても本当の気持ちを
言えなくなってしまいます。

 

自分の夢を家族に話すと家族が離れてしまうのではないかという

不安が見え隠れしているのです。

 

だから、家族の協力を得るための努力もしないで、

サッサと夢をあきらめてしまうという行動になってしまいます。


人間関係をうまく保てなかったり、何をするにも
不安になってしまうなど、
インナーチャイルドはあなたのなかでさまざまな価値観や
概念、固定観念を作り上げ、あなたを制限し続けます。

この制限を解除するには、
傷ついたインナーチャイルドを癒して現在のあなたと
統合することで、本来の自己を取戻し、ありのままの自分を
出せるようになれるのです。

 

 

インナーチャイルドをどうやって癒すか、

その方法は、また後ほどお話ししますね。

 

 

(浅加怜香)

作家&ヒプノセラピストの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、小説の書き方や、
文章のことだけでなく、ヒプノセラピーで夢や目標を叶える方法を解説します。
作家になりたい人も、文章で身を立てたい人も、
起業して経済自由人になりたい人も、
もっと会社を大きくしたい経営者も、とにかく夢や目標を叶えたいと言う人は、
ぜひとも読者会員になってくださいな。

メルマガ購読・解除