2週間で億万長者になった30代男性のお話。

あなたは「億万長者」という言葉を聞いたとき、どんな印象を持ちますか?

 

「偉そうにふんぞり返ったお金持ち」

 

「気難しい顔をいつもしていて命令口調で言うおじいさん」

 

「派手な服装で指には大きな宝石のついた指輪をキラキラさせている女性」

 

そんなイメージでしょうか。

 

私が知っている億万長者は、柔和で人懐っこい30代の青年です。

彼はいつもシンプルな服装をしています。

ボタンダウンシャツにGパン、あるいはセーターといういでたち。

 

ブランドにはこだわりません。

もしかするとユニクロかもしれませんね。

 

指輪はしていないし、靴もスニーカー、

バッグもシンプルなものです。

 

決して高価なブランドモノをひけらかすような人ではありません。

 

 

おしゃべりと日本酒が大好きで、

日本酒の「獺祭」をいつも私にすすめてくれます。

 

ホントにおいしいお酒です。

しかも、彼と一緒に飲むとこっちまで豊かな気分になるから不思議です。

 

彼は、私のセッションに参加してくれたとき、

3つの夢を紙に書いていました。

 

1つは、小説が書けるようになること。

 

2つは、億万長者になること。

 

3つは、素敵な彼女ができること。

 

そして、

ヒプノセラピーの暗示療法を行いました。

 

参加者5名のグループセッションです。

 

催眠状態になっていただき、

ありありとイメージできるようになってもらいます。

 

バラの花や南の島の海辺などをイメージしてもらい、

しばらく、そのイメージの世界に入り込んでもらいました。

 

それから、

自分の夢が叶った場面をイメージしてもらいます。

 

彼の場合は、

小説が書けるようになった自分と、

億万長者になった自分、

彼女のいる自分、

この3つをイメージしてもらいました。

 

それはどこにいるのか、時間はいつなのか、

見えるものは何か、

どんな声が聞こえるのか、

肌にはどんな感覚があるのか、

 

そして、どんな気分なのか?

 

5感をフルに使ってありありとイメージしていきます。

 

イメージの世界で十分遊んだら、

そこへ今の自分を登場させます。

 

そして、

夢を叶えている自分と会話し、

アドバイスをもらったり、

ハグしたりします。

 

その後、夢を叶えている自分と今の自分を統合させて、

ひとつになって、

エネルギーに満ちた自分を感じてもらうのです。

 

そうやって、

素晴らしい体験として潜在意識のなかに記憶してもらいます。

 

催眠を解いて、感想を聞いたら、

 

「スッキリしました。体がポカポカあったかくなるんですね」

 

と彼は言っていました。

 

そのグループセッションを終えた2週間後です。

彼から素敵なメールがきました。

 

見出しには、

 

「億万長者になりました!」

 

とありました。

 

彼はもともと不動産を扱うお仕事をしていて、

自分自身でもいくつか物件を購入しているんです。

 

それで、札幌のビルに目をつけていたそうですが、

なかなか購入までにはいたらないという状態でした。

 

ところが、

ヒプノセラピーを受けて、

状況に少し変化が出てきたのです。

 

札幌のビルのオーナーが好条件をだしてきて、

しかも、銀行の融資もすんなり通ったというのです。

 

そして、彼は何のブレーキもなく、気にかかることも一切なく、

スムーズにそのビルを購入しました。

 

「不動産資産が1億円を越えました」

 

とそのメールには書いてありました。

 

そのメールを受け取る前に、

すでに彼から素晴らしい小説が提出されていましたので、

1番目の夢はすでに叶っていたのです。

 

私は彼の小説を読んで涙を流しました。

感動させてくたんです。

 

素晴らしい小説でした。

 

そして、

一番難しそうな2番目の夢が叶ったのです。

 

あとは、

3番目の夢です。

 

メールの最後には、

こうありました。

 

「実は、この前、居酒屋でフミアキ先生に話していた彼女と、

食事にいく約束をしていまして、

これからでかけるんです。ではまた」

 

嬉しそうな彼の笑顔が目に浮かぶような文面でした。

 

人は、何か行動するとき、

先に頭のなかでイメージしています。

 

ビールを飲むときも、

何気なくグラスを手にとって口に運びますが、

脳のなかではその行為をイメージして、

腕と手に指令をだしているわけです。

 

ですから、

 

自分の行動を先にイメージしてしまえば、

そういう行動を取る自分になるという仮説が成立します。

 

一流のスポーツ選手がイメージトレーニングをするのは、

この仮説にもとづいてやっていることです。

 

ヒプノセラピーでは、

イメージしたことを潜在意識の深い場所に、

保管します。

 

そして、ヒプノセラピーで、潜在意識に書きこまれたイメージは、

無意識レベルで記憶され、

本人の行動に影響を与えるわけです。

 

そして、本人の行動がいままでとは変わっていますから、

周囲の反応も変わります。

 

そして奇跡のような出来事が起きたのです。

 

私は、彼の体験をそう解釈しています。

 

いかがでしょうか?

 

次はあなたの番です。

 

あなたの人生にも、

奇跡のような出来事が次々と起こります。

 

 

(文・高橋フミアキ)

 

 

 

 

 

 

 

作家&ヒプノセラピストの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、小説の書き方や、文章のことだけでなく、ヒプノセラピーで夢や目標を叶える方法を解説します。作家になりたい人も、文章で身を立てたい人も、起業して経済自由人になりたい人も、もっと会社を大きくしたい経営者も、とにかく夢や目標を叶えたいと言う人は、ぜひとも読者会員になってくださいな。

 
メルマガ購読・解除