草食男子でも年収が1年間で100万円アップする3つのステップ

草食男子でも年収が1年間で100万円アップする3つのステップ


 あきらめるのはまだ早い! これからお話する3つのステップを実践すれば、君も必ず年収が100万円はアップします。おそらく1年もかからないでしょう。

「僕は草食系だし、何をやってもイマイチだしなぁ」とか、

「あんまりガツガツしたくないんだよなぁ」とか、

シラケたこと言う前に、この話を読んで欲しいのです。


 勇気も努力もガムシャラになる必要もありません。ちょっとだけ気持ちを変えるだけでいいんです。

次の3つのステップを踏むことによって年収が上がるばかりではなく、きっと人生そのものが「退屈な日々」から「楽しい毎日」に変化することでしょう。


 

ステップ1)付き合う人間を変える。

 

 まず年収やお金を増やすのに、資格やスキルアップ、投資の勉強が先だと思う人もいるかも知れませんが、それは間違いです。

 「親しい5人の平均年収=自分の年収」このフレーズを聞いたことがありますか? これは正しいです。

 いつもまでも学生時代の仲間や仕事の同僚ばかり付き合っていると年収は上がりません。それはなぜでしょうか?

 学生時代の友人や同僚との会話に前向きなものはあるでしょうか? 会社が仕事の愚痴が多いのではないでしょうか?

 そしてボキャブラリーの違いもあります。

 年収300万円には年収300万円の使う言葉、億万長者には億万長者の使う言葉があります。

 それを変えるだけでも大きく違います。彼等の言葉を使うことによって彼等に近づけるのです。

 また「類は友を呼ぶ」という諺もあるように、億万長者は億万長者を呼ぶのです。

 今はネット時代です。フェイスブックやラインなどの収入が多い人が参加するようなイベントもいっぱいあります。

 休日はパチンコや競馬などに出かけずに、付き合う人を変える日に使ってみはいかがでしょうか?


ステップ2)下ネタでぐっと距離感を近くする。

 

 英雄色を好むではありませんが、億万長者も人間です。下ネタが大好きです。

 アントニオ猪木が訪朝の際、必ず北朝鮮の要人たちとの会合があるそうです。

 猪木は初対面で必ずすることがあります。それが下ネタです。

 初対面の北朝鮮要人を前にしてこんなことを言ったそうです。

「おい! 北朝鮮の皆さん、お宅らの国ではテポドンを日本に向けているそうじゃないか?」

 それを聞いた北朝鮮要人の顔は引きつったそうです。次に猪木はこう言いました。

「日本だってな、このアントニオ猪木のミサイルがお前らの大事な喜び組みに向かっているんだ!」

 それを聞き北朝鮮の要人たちは笑い出し、猪木と堅い握手を交わしハグをしたそうです。

 たったこれだけで、何十年来の友人のように接しられたそうです。

 ある程度仲良くなった人とより深くなりたい。そんな時は下ネタでぐっと距離を縮めましょう。


ステップ3)仕事や投資先を紹介してもらう。

 

 億万長者とある程度、距離が近づいたらあとは彼等にいい話を紹介してもらうだけです。

 いわゆる美味しい話というのは、上位数パーセントの人間のみに行き渡ります。

 つまりは、あなたが信用されていれば必ずその恩恵を受けることができます。

 自宅にかかってくる投資話の電話、もうおわかりだと思いますが、こんなのは儲けられません。

 上位数パーセントのみが知りうる情報の中にこそ本当の黄金はあるのです。

 そこには仕事も投資もあります。


 さぁこのステップを踏み、あなたの年収を増やしてみてください。付き合う人を変えるだけでも人生は大きく変わります。


(文・だいのすけ)

 

 

お金を眺めているとそれだけで金運がアップします!

純金のゴールドバーを眺めるのはいかがですか?

まずは5グラムからはじめてみましょう。

眺めていると、腹の底からモチベーションが湧いてきますよ~~!