女性たちが求めるプロポーズの場所は意外なところでした

結婚を考える瞬間とは、いったいどんな時なのでしょうか? 


結婚という言葉の響きからは“ワクワク”と“不安や重圧”がいり混じった感覚を連想します。いまや自由な考え方が広まり、3組に1組が離婚している日本では重圧などあまり考えていないかもしれません。晩婚化も進み結婚しない選択も増え続けています。不安定雇用もあって彼女のいる男性の66%が「今の彼女との結婚を考えていない」という調査結果があります。つまり付き合っている彼がプロポーズする確立は34%。女性が結婚を前提に何年も付き合っているからといって、彼がプロポーズする確率は少ないのです。プロポーズは男性からという常識も変わり、女性も自由に告白する時代です。では男性、女性ともに結婚というハードルを越える決め手となる瞬間とはどんな時なのか調べてみました。


1.<付き合っている異性のドキっとする仕草は?>

男性の場合

* 笑顔で見上げられたとき。かわいい口元や表情(今でもアヒル口が人気のようです)。

* 甘える…一緒に居るとき、はしゃいでくれる。腕にしがみつく。ポケットに手を入れてくる。

* 普段強がっているのに、時々みせる弱い面を見たとき。

* セクシーさ…髪を束ね、うなじが見えたとき。足を組み変えるとき。タイトな服装のときの動きなど。

 子供っぽさとセクシーさのバランスが良く、ストレートな表現を好むようです(この場合のセクシーさは見た目?)。


女性の場合

* 笑顔で見つめられたとき。

* 包容力…満員電車で自分を守るように立つ。頭をぽんぽん撫でる。優しく触れる。

* 手を繋いできたとき。

* 一生懸命仕事をしている姿を見たとき。

* 自分にしか見せない特別な一面を見せたとき。

* セクシーさ…髪をかきあげる。さりげないタイミングの壁ドンなど。            

 “笑顔”は男性女性の差は無くやはり一番ぐっと親密になれる要素のようです。壁ドンは若い世代だけでしょうか。

 

2.<プロポーズのタイミングは?>

男性の場合

* 付き合ってすぐ恋愛熱のピークがきたとき

* 彼女を独占したくなったとき

* 仕事の転機(ある程度仕事で経済力などが付いたとき)

* 心から応援してくれたとき(信頼できそう)

* 子供ができたとき

* 親とうまく付き合ってくれそうだと感じたとき…など

 男性はナイーブだけれど現実的なところもあるようです。

恋愛熱がピークの時に男性が告白し、女性が徐々にピークを迎えた場合、男性が冷めてしまうこともあります。長すぎた春となり成就しないかもしれない。そんな時でも心からの応援をされるとぐっとくるのかもしれません。

   

 女性の場合

 * クリスマスの前後

 * 街で幸せそうなカップルをみたとき

 * 結婚式に列席したとき

 * 友人がプロポーズされたと聞かされたとき

 * バレンタインやイベントのとき

ロマンティック志向は顕在ですが、実際は現実的なのは女性という説も…。


3、<プロポーズはどんな場所で?>

男性の場合

*海の見える場所

*夜景の綺麗な場所

*おしゃれなレストラン

*自宅、家

*高級レストラン

 これは高い順位になっています。海の見える場所が1位というのはやはり男性の意気込みを感じます。

プロポーズは普通一大決心をして臨みますが、お互いに見栄を張って寝込んでしまった例もあります。ムード作りに労力を使ったほうがいいようです。


女性の場合

*自宅、家

*夜景の見える場所

*海の見える場所

*おしゃれなレストラン

*ディズニーランド

 面白いですね。やはり女性はドラマで出てくるような高級レストランでなくてもいいのです。

恋人同士ならそれも素敵なのですが、結婚相手に対してはロマンティックで居心地のよい場所がいいのでしょう。


結婚を意識するような魅力的な要素は多様で一概に断定できません。可愛さをアピールするのが苦手な女性も、セクシーさが内面からにじみ出ていたりします。無口で粗野な男性も内面は優しさに溢れていたり…。結婚を考えるのに「こうあらねばならない」ということは何も無い。結局決め事をしたところで結果はどうなるか分からないのです。だったら自由に関係性だけを楽しむ世界が到来してもおかしくは無いのです。結婚の形はますます流動的で自由に愛をささやきあう時代になるでしょう。独占的、個人的ではなくもっと広い意味の愛を。

男性、女性の言葉使いの差が無くなり、昔より異性を大きく意識することは少なくなりました。愛の伝え方も時代が繰り返すように“手紙など文章で深い愛を育む”ことに新鮮な価値を見出すようになるかもしれません。


(最期にひとつ結婚を考えている男性に教えましょう。婚約指輪は結婚を思い立ってからゲットすればいいと思っていませんか?殆どの女性は自分の好みを持っています。イニシャルや言葉を刻印する場合や、サイズが大きすぎたり小さすぎたりする場合は特注する期間も必要です。事前にさりげなく好みを知っておくと良いでしょう)



(文・土井 葉子)