ひらめき脳を鍛える

レッスン12、ひらめき脳を鍛える

 

ビジネスにおいても、プライベートにおいても、

ひらめきは重要です。

 

ひらめきこそが、

経済的な豊かさや

良好な人間関係をもたらしてくれるのですから。

 

 

たとえば、

松下幸之助さんのエピソードでこんなのがあります。

 

 

自転車のランプを開発したときのことです。

 

当時の自転車のライトにはローソクや石油ランプが使われていました。

走っているときに、よく消えるのです。

 

そこで幸之助さんは、

電池ランプを開発して販売します。

 

名前は

 

「砲弾型電池ランプ」

 

です。

 

 

ところが、この画期的な商品を問屋も小売店もどこも取り扱ってくれません。

 

「そこをなんとかお願いします」

 

と猛烈に営業をかけますが、

どこも相手にしてくれなかったのです。

 

ここからが

豊かになる人と貧しいまま終わる人との違いです。

 

貧しいまま終わる人は、

努力が足りないんだと思って、

毎日、毎日、営業しまくるわけです。

 

今日100軒回ったら、

明日は200軒、明後日は300軒と、

 

額に汗して営業します。

 

そして玉砕するのです。

 

ダメなことをいくら大量にやっても、

 

いくら効率よくやったとしても、

 

ダメなものはダメなんです。

 

何かを変える必要があります。

 

商品なのか、

営業方法なのか、

名前なのか、

 

いろいろ考える必要があるのです。

 

 

豊かな人生を送る人は、

考えて、考えて、考え抜きます。

 

 

そして、ひらめくのです。

 

 

松下幸之助さんは、

 

 

この新商品をタダで小売店にくばることを思いつきます。

 

「実際に点灯試験をしていただき、

結果がよければ買ってください」

 

といって回ったのです。

 

つまり、新しい営業方法がひらめいたわけです。

 

このひらめきが、

今日のパナソニックを築いたといえます。

 

 

結果、毎月2,000個も売れる大ヒット商品になりました。

 

 

いかがですか?

 

ひらめき脳を鍛えることがいかに大事かが理解できましたでしょうか?

 

 

ひらめき脳を鍛える方法は、

脳科学系の書籍がいっぱい販売されていて、

いろんな人がいろんなことを言っています。

 

それらを集約すると、

結局は、「常に考えなさい」ということに尽きます。

 

 

ですから、

今週のレッスンは、

 

ひらめき脳を鍛えるために常に考えることです。

 

 

ステップ1、自分に質問を投げかける。

 

どんな質問でもいいです。

いま自分が抱えている課題や悩みを

疑問文で投げかけてみてください。

 

たとえば私の場合ですと

 

「ヒプノサロンを開業するにあたって、

どのようなサロンを作ればいいのでしょうか?」

 

この質問を自分に投げかけていたら、

こんな疑問が浮かんできました。

 

「ヒプノセラピーを通じて、

自分は何がしたいんだろう?」

 

 

ステップ2、質問に対する答えがひらめく

 

24時間、ずっと自問自答してみます。

 

「自分は何がしたいんだろう?」

 

「自分は何がしたいんだろう?」

 

「自分は何がしたいんだろう?」

 

って何度も自分にこの質問を投げかけるのです。

 

 

すると、答えが、どんどんひらめきます。

 

「亡くなった元妻のように心の障害で悩んでいる人を救いたい」

 

「サロンを都内に20店舗開業して、100人の雇用を創出したい」

 

「誰でも気軽に、何度でも通えて、自由に夢が語れる場所を作りたい」

 

 

ステップ3、ひらめいた答えをすべて書き出す

 

ひらめいた答えを書き出すことで、

新しいことに頭を回すことができます。

 

さらに、

書き出すことをより高次の答えが見つかることもあります。

 

書き出すこで、自分の考えが明確になりますし、

記憶に残すこともできます。

 

とにかく、

考えたことをそのままにしておくと、

消えてしまい、行動に移すことができません。

 

考えたことは、

すべて書くことです。

 

下記の掲示板に、

ぜひ書き残しておいてください。

 

 

自分に投げかけた質問と、その答えを書いてみてください。

 

 

コメント: 18
  • #18

    まきこ (月曜日, 11 8月 2014 13:12)

    【質問】
    やりたいことをしながらお金を稼ぐにはどうしたらいいか

    【答え】
    ⑴他者を手伝う(見返りなどの期待なしに、ただそれをやることが楽しい、という気持ちで)
    ⑵もし、見返りをもとめたり、何かの感情がでてきたら、ワークして見つめ直す
    ⑶好奇心をもつ。なんでもまずはやってみる。
    ⑷やりとげられるだろうか?/やめられるだろうか?
    という心配をしない。
    やり遂げると決めるか、いつまでやるかを決めればよいだけ。それを自分で決めるようにする。

  • #17

    関根 雅史 (日曜日, 10 8月 2014 12:59)


    ●質問
    どうすればもっと時間的にゆとりのある生活を遅れるだろうか?

    ●答え
    1、やらないことを決めて、それをやらないようにする。

    2、人に任せられることは、お願いしてやってもらう。

    3、早寝早起きを励行し、規則正しい生活をする。

    4、あらゆる作業を仕組化していく。

  • #16

    関根 雅史 (土曜日, 09 8月 2014 21:00)


    ●質問
    いつでも人生を楽しめるようになるには、どうすればいいか?

    ●答え
    1、トラブルも何か意味があると考える。

    2、何事もやるからには全力で取り組む。
     
    3、他人を無条件で応援してみる。

    4、時には逃げて、逃げて、逃げまくるという選択肢もありと考える。

  • #15

    広告漫画家・似顔絵師さや☆えんどう (土曜日, 09 8月 2014 19:37)

    質問
    どうやったらもっと広告まんがや似顔絵に注文が入るか

    こたえ
    ・ちゃんと仕事の報告をブログに上げる
    ・メインブログの方は、お客様にとりあげてもらったならちゃんとそれを記事にして盛り上がり感を出す。
    ・サイトの内容を増やす事で、地味に検索対策。
    ・知り合いのヤフオク業者に、似顔絵描きます メニューを出品してもらう。貸衣装屋が母体なので、似顔絵ウエルカムボード辺りがいいだろうと思う。

  • #14

    篠木 (土曜日, 09 8月 2014 01:26)

    質問
    自分を信じられるようにするにはどうしたらいいか

    答え
    1.今の自分を受け入れる
    2.昔あった自分の成功談を思い出す
    3.あの時もやれたんだから、今だってできると自分に言い聞かせる

  • #13

    まきこ (金曜日, 08 8月 2014 12:11)

    【質問】
    批判的にならずに、なおかつ、課題となっている点についてお互いに共有するためにはどうすればいいか

    【答え】
    ⑴相手も自分と同じだ、という視点を持つ
    ⑵自分の満たされていない部分に気づく
    ⑶体調を管理し、反射的になっていることに気づけるようにしておく
    ⑷課題となっていることの本質について考察する

  • #12

    関根 雅史 (金曜日, 08 8月 2014 10:04)


    ●質問
    成長し続ける人間になるには、どういう姿勢で生活すればいいか?

    ●答え
    1、常にもっと効率的な方法はないかと考えて行動する。

    2、常にもっと上達する方法はないかと考えて行動する。
     
    3、常にもっと美しい方法はないかと考えて行動する。

    4、常にもっと楽しい方法はないかと考えて行動する。

  • #11

    関根 雅史 (木曜日, 07 8月 2014 21:57)


    ●質問
    売れて、なおかつ心に残る小説とはどういうものだろか?

    ●答え
    1、時代性のある小説。

    2、普遍性のある小説。
     
    3、読みやすい小説。

    4、作者の魂が注入された小説。

  • #10

    篠木 (木曜日, 07 8月 2014 01:17)

    質問
    メーカーの認定試験対策をどのように行うか

    答え
    1.一通り範囲の資料を見てみる
    2.資料と一緒に出されている確認問題を解く
    3.自分があまり理解できないところに線を引く
    4.線を引いた部分を中心に学習していく

  • #9

    まきこ (水曜日, 06 8月 2014 22:57)

    【質問】
    誘われた仕事やってみるか、さらに探すか…

    【答え】
    ⑴もう少し時間をおいてみる
    ⑵はかの人にも相談してみる
    ⑶グループワークに参加してみる
    ⑷その後の計画に立ち戻ってみる

  • #8

    関根 雅史 (水曜日, 06 8月 2014 22:06)


    ●質問
    断捨離を実現&維持するにはどうすればいいだろか?

    ●答え
    1、現在使っていないものは、「今までありがとう」という感謝の言葉とと  もに、とにかく手放す。

    2、使っていないものを手放せば、必要なものは自然に向こうからやってく  ると考える。
     
    3、自分にとって本当に良いものを高く買う。

    4、物が少なくなって、掃除がしやすくなったことを心から喜ぶ。

  • #7

    篠木 (水曜日, 06 8月 2014 01:27)

    ・質問
    文章の書き方を勉強する時間を増やすにはどうしたらいいか?

    ・答え
    1.昼休みや通勤時間などの時間を活用する
    2.生活習慣の見直し

  • #6

    関根 雅史 (火曜日, 05 8月 2014 21:28)


    ●質問
    新しい単語をなかなか覚えられなくなってきたが、どうしたらボキャブラリーを増やし続けることができるだろか?

    ●答え
    1、学生時代のように単語帳を作って何度も繰り返し見る。

    2、特に覚えにくい単語はごろ合わせを考える労を惜しまない。

    3、何度も紙に書いて覚える。

    4、最初に意味をよく調べて確実に理解する。

  • #5

    うり (火曜日, 05 8月 2014 16:22)

    コミケで本が売れるにはどうしたらいいんだろう?

    まずはちゃんとした本を作る

    1)締め切りに間に合うように、物語の最後まで書ききる
    2)書く時間を確保する
    3)朝早く起きて書く
    4)早く寝る
    5)夜の家事を早く終わらせる
    6)仕事を早く終わらせる
    7)朝早く出勤する

    ずっと「早く早く」、というのはツラいです
    自然にこのリズムになりますように

  • #4

    まきこ (火曜日, 05 8月 2014 08:31)

    【質問】
    11月にうちの更新をするか、引越すか、実家にもどるか?どう決めるればいいか?

    【答え】
    ⑴同居人さんと話す
    ⑵都内の物件を見てみる。
    ⑶シェアしてくれる人を探してみる
    ⑷自分の直感を信頼する


  • #3

    篠木 (火曜日, 05 8月 2014 01:19)

    ・質問
    帰省の際に初めての高速道路でトラブルに遭わないようにするにはどうしたらいいか?
    ・答え
    1、事前にどのような経路を通るのか調べる
    2、高速道路での注意すべきところなどを実際に運転していた父親に聞く
    3、焦らず、落ち着いて運転することを心がける

  • #2

    関根 雅史 (月曜日, 04 8月 2014 20:40)


    ●質問
    文章を書くスピードを、質を保ちつつ速くするにはどうしたらいい?

    ●答え
    1、書く前に目的を明確にする(誰に、何を、どうして、どのうように)。

    2、第一稿は言葉使い、誤字脱字などは気せずに最後まで書く。

    3、その後、書いた文章の構成を見直す。

    4、そして、最後に文章表現をチェックする。

  • #1

    フミアキ (月曜日, 04 8月 2014 13:10)

    ●質問
    来年2月にサロンをオープンさせるために、いま何をすればいい?

    ●答え
    1、いま目の前の仕事に全力投球する

    2、外食や外での酒飲みは控えて貯金に回す

    3、明確な計画を立てる

    4、協力してくれる仲間を見つける

    5、体重を65キロまで絞り、健康に留意する