今日の学びを考える

レッスン15、今日の学びを考える

 

成功者は学びに投資します。

学びこそが富の源泉が学びにあることを成功者たちは知っているのです。

ですから、成功者たちは、学ぶことにはお金にいとめをつけずに、どんどん投資します。

 

 

セミナーや書籍など、学ぶことにお金と時間を使うことは大事なことですが、残念なことに学ぶというマインドのない人は、いくらお金と時間を使っても、経済自由人にはなれないようです。

 

そうなんです。大事なことは学ぶというマインドを持つことなんです。学びマインドを持っていれば、すべてのことから学べます。毎日が学びです。

 

文豪・吉川英治の名言に「万物みな師なり」とあります。

 

幼子も師とあがめれば、幼い子どもからも学ぶことができます。

動物や植物も師と思えば、学ぶことができるのです。

 

そして、もっとも大事なことは、その日の出会い、その日のできごとから学ぶことです。

 

その日出会った人、出会った物、出会ったお話、出会った言葉などから何を学びましたか?

 

その日の出来事に何を学びましたか?

 

毎日、自分にそのような質問を投げかける習慣をつけましょう!

 

 

今回は、

 

今日、1日、何を学んだかを、下記の掲示板に書き込んでみてください。

 
コメント: 19
  • #19

    ちか (土曜日, 13 9月 2014 01:19)

    学びが停滞していることを学びました。
    お金を言い訳にして、
    できない自分のままでいました。

    お金がないなら
    稼げばいいだけなんですよね。

    ちゃんと稼いで、
    家族に、自分に循環させる。
    このままで終わったら
    なんのために生まれたのかわかりません。

  • #18

    広告漫画家・似顔絵師さや☆えんどう (月曜日, 01 9月 2014 02:52)

    文章スクールに提出する課題について旦那に相談しました。
    2つの案があってどちらがいいかと聞くと

    「そりゃ難しいと言ったほうを
     上手く行くようにするほうがいい
     だって勉強でしょ
     難しい課題に取り組まないでどうするの」と

    旦那、意外とスパルタですが
    学びに取り組む姿勢は勉強になりました。

  • #17

    関根 雅史 (月曜日, 01 9月 2014 01:06)


     今日の学びは、潔いことと粘り強いことについて。
     
     サッカーの中田英寿さんは、まだ余力のあるうちに現役を引退しました。一方、三浦知良さんは中田さんよりずっと先輩であるのにもかかわらず、今でも現役を続けています。

     どちらの生き方が正解なのかなんて、誰にも決められません。大切なことは自分の生きる目的です。

     私は自分を振り返って、こんなことを思いました。自分はとにかく走り続けるタイプだ。

     そんなことを率直に学びました。

     うん、私はやめない。

  • #16

    まきこ (日曜日, 31 8月 2014 23:47)

    今日は両親に会いました。

    父がサラリーマン時代の話しをしてくれました。
    身近にいるけど、知らなかった。
    父も母も、他の友達、知り合い、お世話になってる方々のこと、
    全然知らないんだな!
    聞いてみたことないな!

    話してもらわないと知らないままだなってことを学びました。

  • #15

    関根 雅史 (土曜日, 30 8月 2014 21:20)


     シンガーソングライターのアンジェラ・アキさんが、これまでに500曲以上もの歌を書いてきたという話を聞きました。

     それで、ずっと以前にプロ野球の落合博満さんが、「天才とか言うけど、俺ほどバットを振った奴はいないと思うよ」と言っていたの思い出したのです。

     やはり、成功している人は例外なく量をこなしているのだ、ということを学びました。

     うーん、まだまだ足りていない。

  • #14

    関根 雅史 (金曜日, 29 8月 2014 21:00)


     今日の学びは、テレビ番組から。

     以前録画したまま見ていなかった、「プロフェショナル」というNHKの番組を見ました。現在のメジャーリーガーの中で、最強の守護神と言われている上原浩治氏の密着取材です。

     遠征時の彼の日々は、昼の12時ぐらいに球場に入って、夜の12時前後にホテルに帰るという生活。ホテルに戻って自分でバスタブにお湯を入れ、日本から送ってもらっている固形の入浴剤を落とす。「これ、ふたつ入れたらもっと疲れとれるやろか?」とつぶやく彼。
     取材スタッフが、「意外と地味な生活ですね。もっとずっと華やかなイメージがあったんですが」と言うと、「そやろ。みんなそんな風に思うとるんかも知れんけど、実際はサラリーマンの人たちと変わらんとちゃうかな。でもな、好きなことを仕事にできているというんは、ホンマ幸せなことやと思う」と上原氏は笑顔で答えた。

     この番組を見て、幸福というのは楽になることではなく、好きなことにエネルギーを注入することなのだと学びました。

     よーっし、楽になるんじゃなくて、幸せになるぞ!

  • #13

    関根 雅史 (木曜日, 28 8月 2014 20:46)


     今日の学びは、パソコンから。

     パソコンの新しい機能をひとつ習得しました。この機能を知ることにより、作業効率が格段にアップ。

     ただガムシャラに仕事をするだけではなく、キコリが斧を研ぐ時間をきっちり確保するように、自分のスキルを磨く時間を持つことの大切さを学びました。

     まだまだ進化するぞ!

  • #12

    広告漫画家・似顔絵師さや☆えんどう (水曜日, 27 8月 2014 20:28)

    味噌汁温めてて忘れてしまい
    水位がだいぶ減ってしまった

    だってあたし料理するの苦手だし
    ずっと沸くの見てる為キッチンにいるなんて
    ムダの局地だよね

    心でそんな言い訳をしてるうちに
    気づいたんですが・・・

    お台所の調味料のあるところとか
    レンジのあるところとか
    あんまし拭いてないですし
    管理がイマイチ不行き届きです

    沸くのを待ってる間にちょこっとずつ
    拭くとかなんかやりようがあるだろうことに
    気づいたんですね

    考えようによっては有効活用も
    出来そうな時間に
    気づかせてくれたんだって思いました^^

  • #11

    関根 雅史 (水曜日, 27 8月 2014 20:03)


     今日の学びは、ある本から。

     「情報をインプットするとき、そしてアウトプットするときにも、知性と感性の両方の扉を開いておくことが大切。知性だけでは陳腐になり、感性だけではひとりよがりになる」

     これって小説を書くときにも、とーっても大事な学びだと思いました。

     

  • #10

    まきこ (水曜日, 27 8月 2014 09:58)

    某携帯屋さんに問い合わせの電話したら、たらい回しにされそうになった。
    マネージャーさんがフォローしてくれて、その場で解決した。

    相手の言いなりになるというか、
    とりあえず言われた通りにやる
    っていうの、よくやっちゃってるなぁ…
    自分の主張も伝えるようにしてみよう。

    という学びがありました。

  • #9

    篠木 (水曜日, 27 8月 2014 01:06)

    会社の上司から酒の席で日本の経済はどうあるべきかについての話になりました。
    資源のない日本では新しい技術を作っていき、それを武器にすることでしか経済を維持できないという内容でした。
    話を聞きながら、経営者とはどのような目で社会や物事を見ているか、ということを学ぶことができました。

  • #8

    まきこ (火曜日, 26 8月 2014 09:27)

    バイト先のマネージャーさんが、相手の対応に怒っていたけれど、電話口では落ち着いて話していて

    『こんな時こそ声を荒げず、ゆっくりとこちらの気持ちや要望を伝えるんだなぁ』

    と学びました。

  • #7

    フミアキ (火曜日, 26 8月 2014 09:00)

    今朝、ヒマワリが咲いているのを見て、
    中学時代の友人のミーさんを思い出しました。

    高校1年のときにミーさんのお父さんが亡くなり、貧しい家だったので高校も辞めなきゃいけないってときに、
    6人もいる兄弟姉妹たちが、
    末っ子のミーさんだけは、
    大学へいかしてやろうって、

    みんなで働いてミーさんの学費を出しあったんです。

    で、ミーさんは、猛勉強して、京都の名門大学へ進学しました。

    この物語が、いまの私に何を学ばせようとして、潜在意識から浮かび上がってきたのかを考えました。

    ミーさんを大学へいかせるために、
    犠牲になったお兄さんやお姉さんたち。

    その犠牲の重さを感じて、
    ミーさんは猛勉強したんです。

    私が文学を続けるために犠牲にしたものを思い出せってことかなと思いました。

    その金の如き犠牲を、
    決して、決して、忘れてはならない。

    そのことを学びました!

  • #6

    関根 雅史 (火曜日, 26 8月 2014 08:49)


     今日の学びは、村上春樹氏の以下の言葉。

     「創作活動とは、心の中の地下室に入っていくよう。暗くて恐ろしい地下室から帰ってくる強さを養うために、毎日早く起きて走り、執筆して、夜10時前には寝る。規則が大事です」

     作家はとてもシンドイ仕事であるからこそ、規則正しい生活をして健康でいることが大切なのだと思いました。

     そういう作家に私はなりたい。

  • #5

    篠木 (月曜日, 25 8月 2014 23:53)

    たまたまコンビニで立ち読みしていた際に見つけた本。
    内気なのを治したいのなら、まずは内気なのを認めてしまえばいい。
    そうすれば楽になる。
    ためになることを学べました。

  • #4

    りんか (月曜日, 25 8月 2014 23:22)

    今日、来るはずのお仕事依頼メールが来ず、
    やっぱり、私ってダメなんだなぁ~ってがっかりして、
    このお仕事向いてないんだ・・・とか言い訳考えたりして、
    仕方ないから、久々にDVD借りて見逃していた映画を見たりしてました。
    でもでも、心は落ちつがず・・・。
    何回もメールボックスチェックしたりして。
    そしたら、夕方になってドットお仕事依頼が!!!
    もう、超うれしかったです。
    私、やっぱりこのお仕事好きなんだ!って初めて気づきました。
    それと、たまにはお休みすることも必要なんだなって思いました。

  • #3

    山内たま (月曜日, 25 8月 2014 22:15)

    世界で阿寒湖にしか群生してないマリモ。
    阿寒湖のマリモの神秘を知って。

    こんこんと涌く伏流水、阿寒湖に吹く、強すぎず、弱すぎない南風など、外的に負けないように進化し、奇跡のような条件があって生息していた。

    そんなマリモを見て、私も万物によって生かされているんだと学びました。

    マリモさん、ありがとう。
    ずっと、命の神秘を教えてください。

  • #2

    みか (月曜日, 25 8月 2014 21:00)

    自分がこう、と思った事に関しては、一歩も譲らずに
    「そうかな??」
    と言いつづけている自分を発見しました。
    正しさの押し売りをしていました。
    気をつけポイントを学びました。

  • #1

    フミアキ (月曜日, 25 8月 2014 20:05)

    今日、ベランダのヒマワリが、もうすぐ咲きそうになっていました。
    黄色い花弁が見えてきたのです。

    8月も終わりに近づいてきて、
    もう咲かないのかなとあきらめていましたが、

    「何事もあきらめちゃいけない」
    ってことを学びました。

    ヒマワリさん、ありがとう!